TETRA SQWEEL(テトラ・スクイール):プロペラ回転式のクリバイブが擦れまくり。充実したユーティリティも優良バイブの証

2020年9月7日

TETRA SQWEEL(テトラ・スクイール)

ショップコメント:TOKYO DESIGNから届いた、ユニークな仕様の2股バイブです。これまでの2股バイブといえば、竿は振動&スイングしても、クリバイブは単純なバイブレーション機構のみ…というのが一般的。クリに当たるユニットに一枚舌、二枚舌、Wローターの挟み撃ち型など、いろいろなバリエーションがあったものの、結局はビリビリとした振動を伝えるだけの“点刺激”に終始していました。
本作はそのクリバイブユニットに回転式ローターを搭載し、撫でるような“面刺激”を実現させたニュータイプ。コシの強いシリコンの羽根が連続回転し、クリに心地よい摩擦をもたらします。

ショップNLSの頁はこちらから
 TETRA SQWEEL(テトラ・スクイール)

【参考動画】


※スマホの場合、画面をタップするとコントロールバーが消えます。

【画像説明】
TETRA SQWEEL(テトラ・スクイール):プロペラ回転式のクリバイブが擦れまくり。充実したユーティリティも優良バイブの証

※各画像をクリックで拡大版表示(拡大版が無いものあり)。スマホでの頁めくりはスワイプで可能。


パッケージはよくも悪くも普通。モノトーンの背景にピンクの本体が栄えるデザインですが、高級感がないですね。

カーブした竿はGスポを捉えやすく、太さも万人向け。回転ローターの位置も適切です。 ※数値はNLS実測値

竿やローターの根元はわずかに曲げられます。ピンク部分はやや硬めのシリコン素材。羽根の感触はペチペチ系。

竿の振動はかなりパワフル。モードが多彩に変化するうえ、静音性にも優れているので、性能的には申し分なし。

プロペラは正回転・逆回転・交互回転の3パターン。回転スピードは振動と同じ5段階。いずれもかなり高速です。

振動と回転機構が別制御なのは美点ですが、各ボタンとも押すたびに切り替わるローテーション式なのが面倒。

充電時は付属するケーブルのジャックを、本体の操作スイッチ下部にある、DC表記の窪みに差し込んでください。

ランニングコストに優れるUSB充電式です。フル充電までは約3時間、連続可動は約90分。まぁまぁの性能かと。

膣内は振動、クリが摩擦…という刺激の組み合わせは、けっこう理想的。コンパクトにまとまっているのも好印象。

濡れても大丈夫な生活防水仕様。メンテナンス性を含め、全体的に扱いやすさが光る、実用性の高いバイブです。

詳細は以下の画像からご覧ください。
TETRA SQWEEL(テトラ・スクイール)
TETRA SQWEEL(テトラ・スクイール)