スティック・ミー:リニューアルしても性能と信頼性は健在。手頃で扱いやすいスティック型ローターの銘品!

2020年9月8日

スティック・ミー

ショップコメント:お手頃価格で超一流の信頼性を誇っていた、Mode-designのスティック型ローター「iRot」。残念ながら「iRot」は販売終了となってしまいましたが、その後継モデルとして新たに生まれたのが本作です。このご時世なので、前作よりも少~しだけ値上がりしてしまいましたが、そのぶんバリエーションが増えて、商品力はググッとアップ。カラバリやショートタイプの追加など、より幅広いユーザーニーズに対応できるようになったのは、大きな進化要素です。
ノーマル版はベースの「iRot」とほぼ同じ仕様。スティック型の中ではややロングサイズで取り回しやすく、入手しやすい単四電池1本で動くのも便利。これくらい長いと、挿入プレイにも十分威力を発揮しますね。一方、本作から登場した「ショート」は、手の中にすっぽり収まる小ささが扱いやすく、ボタン電池×3個とハイパワーなのもウリ。
競合するRENDSの「パステルフェイス」と比べると価格面でやや不利ながら、ピンクやパープルなどのポップなカラーが揃っているぶん、こちらを選ぶ方も少なくないでしょう。

ショップNLSの頁はこちらから
 スティック・ミー

【画像説明】


こちらは旧モデルとほぼ同じロングサイズの「ノーマル」。カラバリは「ピンク」、「ブラック」、「パープル」の3色です。

本作より追加された「ショート」。こちらもカラーバリエーションは同じ3色構成で、価格も「ノーマル」と同一です。

左が「ノーマル」、右が「ショート」。先端の太さはわずかに違いますが、最大径は一緒。 ※数値はNLS実測値

電源の違いからパワーレベルは「ショート」の方が上位ですが、どちらも十分実用的な振動力を発揮します。

操作は電源ON/OFFのみ。本体底部のボタンで切り替えます。難しい要素はなく、誰でもすぐに扱えるでしょう。

【ノーマル】電源は、入手しやすい単四電池×1本(付属)。使用前には内部の絶縁シートを外しましょう。

【ショート】電源はLR44型ボタン電池×3個(付属)。予備には、RENDSの連結式ボタン電池が便利ですよ。

ピンポイント責めや全身愛撫に適しているのが「ショート」。手の中にすっぽり収まり、直前まで隠しておけます。

「ノーマル」は広範囲に振動を伝えられるうえ、挿入プレイも可能。汎用性が広く、グッズと併用もしやすいです。

気兼ねなく丸洗いできる生活防水仕様。メンテナンス性に優れ、清潔さをキープできるのも大きな美点でしょう。

詳細は以下の画像からご覧ください。
スティック・ミー
スティック・ミー