開いて探検! マンクーパー:アソコを強制開口しながらライトアップ。観賞と愛撫が同時に楽しめるのもイカス特殊形状ローター。

2020年9月8日

開いて探検! マンクーパー

ショップコメント:キーボードを叩けば、いつでも即座に無修正画像が拝めるようになった現代。スケベな男性たちは毎日のようにインターネットにアクセスし、これまでにも何千何万というおま○こを観賞してきたことでしょう。しかし…どんなに無修正画像が身近になったとしても、愛するパートナーのアソコを見たいという純粋な欲求と、それを拝めたときのある種特別な興奮は普遍的なもの。この世には、やはり“生身のおま○こ”にかなうエロスなどなく、その求心力と破壊力はいつの時代も男たちのハートを掴んで離さないのです。
そんな神秘のヴェールを覗くため、アダルトグッズ業界では「姫万華鏡」にはじまり、テレビに接続する小型カメラや潜望鏡のようなミラー、さらにはスマホと連携して動画撮影もできるローター「Siime Eye(シーミーアイ)」など、さまざまな観賞用グッズが生まれては消えていきました。多種多様な観賞用グッズの中でもとりわけ人気なのが、「メディ プラスチックビーク」や「アナルスコープ」などのシンプルなクスコ系。ロート状の透明な物体を膣に挿入し、強制開口させた秘部を「うひひひ…」と眺めるのが、ごく基本的な使い方です。
本作はそんなクスコ系に属する、フジ工芸の新型観賞用グッズ。上下にヒレの付いた“マンボウ”のようなフォルムが特長で、上にはミニローター、下にはLEDライトが装着できます。

ショップNLSの頁はこちらから
 開いて探検! マンクーパー

【参考動画】

【画像説明】

※各画像をクリックで拡大版表示(拡大版が無いものあり)。スマホでの頁めくりはスワイプで可能。


2次絵がけっこう可愛いパッケージ。このロゴ…おそらく、“ミニクーパー”のエンブレムをモチーフにしてますね。

本体Sサイズ。ヴァギナが小さめの女性にマッチしますが、アナルにも適応しそうです。 ※数値はNLS実測値

本体Lサイズ。最大径がけっこうあるので、開いたときの迫力も満点。挿入長は同じです。 ※数値はNLS実測値

左がローター、右がLEDライトです。どちらもシンプルで小型ながら、秘境探索には十分。 ※数値はNLS実測値

本体は透明な樹脂素材で、適度に柔らかい感触。挿入中はシッカリ拡げつつ、粘膜への負荷は少ないでしょう。

ローターの電源はAG5(LR754と互換)型ボタン電池×2個(付属)。LEDライトの電池交換はできない模様です。

【使用手順1】まずは本体上部の穴にローターをセット。つぎに挿入部表面に、ローションを薄く塗布しましょう。

【使用手順2】パートナーの様子を見ながら、ゆっくりと本体を挿入します。内壁が透けて見えるのが卑猥ですね~。

【使用手順3】部屋が暗い場合、LEDライトでしばらく観察したら、本体下部の穴に接続し、おもむろにライトアップ。

【使用手順4】恥ずかしがるパートナーにローターで追い打ち。羞恥と快感で大洪水のアソコは、まさに絶景かな!

詳細は以下の画像からご覧ください。
開いて探検! マンクーパー
開いて探検! マンクーパー