leaf(リーフ):ナチュラルで美しいデザインに…ローターに見えない。ハイスペックな機能を集約!

2020年9月8日

leaf(リーフ)

ショップコメント:圧力感応式の膣ボール「スワン・クラッチ」で見事な技術力を披露した、カナダの高級ブランドswanより、今度は植物をモチーフにしたやさしさ溢れる印象のローターがリリースされました。この「leafシリーズ」は鮮やかなグリーンカラーで統一された、“葉っぱ”のようなデザインが特長。エコやロハスをイメージさせる透明感のある雰囲気で、手にする時もなんだか“小さな命”を扱うような気分にさせてくれます。
およそアダルトグッズには見えないナチュラルなモチーフなので、ベッドサイドはもちろん、バスルームやキッチンに置いてあっても違和感はゼロ。むしろオシャレなインテリア雑貨としてお部屋を彩ってくれそうなほど、素敵なデザインだといえるでしょう。
バリエーションは全6種類。どれも植物ならではのやさしいフォルムで、なぞり、ポイント責め、挿入などに幅広く活用でき、振動パターンも多彩。扱いやすい絶妙のサイズ感もローターとして非常に魅力的です。

ショップNLSの頁はこちらから
 leaf(リーフ)

【参考動画】

【画像説明】


紙製ボックスに麻布のきんちゃく。まるでコーヒー豆でも入っているかのようなエコパッケージ。取説は多言語タイプですが、ちゃんと日本語にも対応しています。

【左:bloom/右:spirit】全6タイプのうち、2モーター搭載は2種。「bloom」は前後にモーターを配置し、どちらからも挿入可能です。 ※数値はNLS実測値

【左:life/右:touch】1モーター型は全体的に小振り。すべて葉っぱのカタチなので先細のポイントがあり、乳首やクリを責めるのに有効。 ※数値はNLS実測値

【左:vitality/右:fresh】唯一の二股タイプである「vitality」は、分かれた葉先の両方にモーターを搭載。どれもこれも野菜みたいでおいしそう(笑) ※数値はNLS実測値

シリコン100%のボディは上質で心地よい手触りが自慢。2モーター型の「bloom」と「vitality」は、そっと力を加えるだけでしなやかに曲がります。

2モーター型は2ボタンで操作。2つを同時に4秒ほど長押しするとロック/ロック解除ができます。1ボタンも動作中にはボタン部分が光り、暗闇でも操作しやすい設計です。

充電機には世界で使えるコンセントアタッチメントが付属。本体の穴にジャックを差すと、ランプが赤く点灯します。

癒しムード満点のデザインは使用中もアダルト感が低め。淫らにイヤらしく乱れたい!という時には合わないかも…。

上質なシリコン素材は汚れ落ちも抜群。クリーナーで拭けばホコリが付くこともなく、簡単にキレイにできます。

ベッドサイドに放置していても怪しまれないほど、インテリアにマッチします。むしろ目立つところに飾りたくなるかも。

詳細は以下の画像からご覧ください。
leaf(リーフ)
leaf(リーフ)