Kiiroo(キールー):画期的機能に溢れたカップル向けマシン。離れた2人を繋ぐペアリング機能が魅力のバイブとオナホール

Kiiroo(キールー)

ショップコメント:オランダのメーカーが開発し、米国のフレッシュライトが採用した画期的なカップル用デバイスです。最大のセールスポイントはインターネット回線を通じて繋がったバイブとオナホールが連動し、離れたところにいるカップル同士でバーチャルなプレイが楽しめること。とくに電動オナホールである「Onyx(オニキス)」は、主流である回転式でもピストン式でもない新しい機構を採用。従来までのペニス摩擦とはちょっと異なる感覚で、内部にある複数のリングが収縮し、圧迫と振動刺激を同時に伝えます。
この間接的な摩擦特性はおそらく世界的にも新機軸。イメージ的にはぶ厚いコンドームを被せた上から手コキされているような感覚で、「A10サイクロン」や「A10ピストン」などのRENDS製マシンと比べると、ダイレクトさがないぶん快感性能は大きく劣っています。

ショップNLSの頁はこちらから
 Kiiroo(キールー)

【参考動画】

【画像説明】


白を基調にしたシンプルでおしゃれなパッケージ。どちらも1年間のメーカー保証が付いているので安心です。

【Onyx(オニキス)】ハードケースに入ったごっつい電動オナホ。デザインは超カッコイイ! ※数値はNLS実測値

内部のオナホ樹脂はフレッシュライト製。モチモチ柔らかくネットリ絡みつきますが、やや肉薄なのが残念…。

ボタンを押しての操作以外に、ボディ側面のタッチパネルでも動きを制御できます。この感覚は新鮮ですね~。

複数並んだリングがウネウネと伸縮し、独特な圧力を生み出します。樹脂を挟むので摩擦刺激はかなり弱め。

内部樹脂のテクスチャーはイボのみ。動作機構とあわせて考えても、この射精力の低さは致命的でしょう…。

USB充電式。パソコンを使ってのプレイが多くなることを考えると親和性が高く、バッテリー性能も合格点です。

本体、インナー、リング、キャップという4ピース構成。インナーを取り外してジャブジャブ洗えるのは利点です。

【Pearl(パール)】一本型の非スイングモデル。初心者にも適応する汎用サイズです。 ※数値はNLS実測値

シリコン表皮の肌触りはいいですが、皮膜が薄いために感触はカッチリ。竿部も曲がらないので硬質な印象です。

単体での振動パターンは5種類。簡単なワンボタン操作で、電源ON時はスイッチ付近にランプが点灯します。

スティックローター感覚で気軽に使えるから、普段のオナニーでも活躍しそう。静音性も高く、使用感は上質ですよ。

こちらもUSB充電式で、「Onyx(オニキス)」よりもスピーディに充電できます。総合的に使い勝手は優秀です。

生活防水仕様だから水洗いOK。価格を考えれば、これくらいのメンテナンス性は備えていて当然でしょう。

バイブ・オナホのペアリングや連動機能を楽しむためには、公式サイトから専用ソフトをダウンロードしてください。

インストール後にソフトを起動すると、さまざまな便利機能が享受できます。英語に強い方なら意外と楽勝かも。

詳細は以下の画像からご覧ください。
Kiiroo(キールー)
Kiiroo(キールー)