イキ狂いシンドローム:Gスポ刺激に適したイボ付きヘッドが自慢!責め手の技術も求められるテクニカルバイブ

2020年9月6日

イキ狂いシンドローム

イキ狂いシンドローム:Gスポ刺激に適したイボ付きヘッドが自慢!責め手の技術も求められるテクニカルバイブ:アイキャッチ画像ショップコメント:トアミから珍しく、スイング型のバイブが届きました。本作を含め、多くの国産バイブは設計思想が昭和のまま止まっており、工業製品としては欧米メーカーのブランドバイブに勝てる要素など、何ひとつありません。しかし、それは…日本のバイブは昔から男性目線でつくられており、“男性が女性を責めるための道具”という意味合いが強いから。
欧米の高級バイブやirohaブランドなどが提唱する、“女性のためのセルフプレジャーアイテム”とは、それこそ真逆の性質なのです。歴史を辿れば、こうした昔ながらの“男性目線なバイブ”に嫌気が差した女性たちが、今のオシャレ&高級バイブをつくってきた経緯があり、日本のマーケットにもそれを受け入れる土壌は育ちつつあります。
しかし…市場のバイブすべてが女性好みの仕様に変わってしまったら、単に多様性を失うだけ。現代だって「バイブで女性をヒィヒィいわせたい」という男性ニーズは根強く、そうした声に応えるためには、本作のような時代錯誤のバイブも必要なんだと思います。

ショップNLSの頁はこちらから
 イキ狂いシンドローム

【参考動画】


※スマホの場合、画面をタップするとコントロールバーが消えます。

【画像説明】

イキ狂いシンドローム:Gスポ刺激に適したイボ付きヘッドが自慢!責め手の技術も求められるテクニカルバイブ
※各画像をクリックで拡大版表示(拡大版が無いものあり)。スマホでの頁めくりはスワイプで可能。


下部に台紙が入っているだけの簡素なパケ。熟年ユーザー狙って、あえて古臭いデザインにしているのかも。

サイズに関しては万人向け。クリ下からの挿入部はGスポにヒットしやすい長さです。 ※数値はNLS実測値

先端は柔らかく、適度なハリがあります。動かし方ひとつで柔軟に角度を変えられるので、責め甲斐がありますよ♪

繊細な振動特性のわりにパワーは強力。ローター系の振動なのでクリや乳首にも合い、駆動音も許容範囲内です。

単方向のみのスイング機構です。根元の芯棒を曲げればローリング域は広がりますが、トルク不足は否めません。

強弱の切替えはスライドスイッチによる無段階調整。振動とスイングは別制御できます。クリバイブはありません。

電源は単四電池×3本(付属)。フタは脱着式ではなく、スライドして開けると、そのまま立てておくことができます。

先端のイボを細かく震わせながらクリを責め、濡れ濡れになったところで挿入&Gスポ責め! 攻撃力は十分です。

詳細は以下の画像からご覧ください。
イキ狂いシンドローム
イキ狂いシンドローム